本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

本日 後輩との会話で不安を感じたので一筆しようかと思いました。

まず。
自分の会社で行う業務=自分の仕事。
サラリーマンでは当たり前の常識です。
人間社会に生きている以上 
学生さんやニートじゃないかぎり仕事をしています。

では仕事とは?組織とは?
会社は組織です。
人が集まってひとりでは困難な事を
複数人で手分けや協力をして成し遂げる。
そこに仲間意識が起こってより大きな仕事にも立ち向かう
気持ちも育つもの。
そのためにはある程度同じスキルを持った者が
集まる必要があり、論議を繰り返し
よりよい物を作り上げる。
そのレベルになる為に
下積や教育といった事を行うのですが。
現代日本は事業仕分けをみていて欠けている物が
見えてきます。
それは人を育てるという精神。
費用対効果でいえば即戦力がもっともいいのですが
メンタル面では下積みから這い上がることで
育つものもあります。
はじめからオールマイティな人材はほとんどいないのです。

昨今の事業仕分けで
金がかかるからとかメジャーじゃないので
コストカットとか2位じゃダメですかとか。。。
それでは人は育たないのです。
新卒の人たちは2年3年と下積みを経て
先輩の良いところ悪いところ
効率性などいろいろ学んで
先輩たちを追い抜いていくのです。
それが無いと国も企業も尻つぼみで
だめになっていくと思いますね。

先輩を超えられない人は失礼ですが
所詮小物。
しかし現状の企業体力は人を育てる
体力はありません。
削られるのは教育にかかる費用と時間です。
いろんな業界があるとおもいますが
基礎教育は必要です。
まぁ あくまで新人での事ですが。
しかし新人時代に十分な教育を受けていないと
中途採用の人には更に辛い現実が待っています。
新人と違い中途採用は即戦力を期待されています。
そこで使い物にならなければ必要の無い人材。
すぐにグッバイされてしまいます。
特に別分野の仕事に転職した場合は
自分自身の努力がとても重要ですね。
最近の人は管理職になりやがらないとか
よく聞きます。
ひとつは管理職への魅力が低下している事。
もうひとつは責任を負いたくないという事。
しかし責任が無いのは新人と同じレベルという事。
重要性の無い仕事しかさせてもらえない。
そうすると仕事が面白くない。
退職。
その繰り返しになってしまいます。

今の日本はどんどん悪い方へ進んでいる気がします。
より良い人材は国外へながれ残った人材も
十分な教育を受けられず埋もれていく。

会社を育てるのは人材。
人材を育てるのは会社。

先をみて教育はしっかりするべきだと思います。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。