本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

今日で終了した行政刷新会議の事業仕分け。

見ているだけなら何となく学生時代の生徒会を思いだす。

それにしてもなんか腑に落ちない感じがする。
何十億という金額がわずか1時間の話し合いで動く。
本当に必要か。不必要か。
ジャッジする方はその事業に対しての予習はしているのだろうか。
その上で必要かどうか判断しているのだろうか。

確かにいろんな官庁で同じような事をやっているのは
無駄だとは思う。
しかし スーパーコンピュータの開発費とかはどうだろう。
開発の世界は1位こそ意味がある。
2位以下はゴミ。
1位こそが勝者なのだ。
それを「2位じゃだめなんですか?」って。。
だめだろ。

資源のない日本は技術でのし上がってきたのですよ。
その技術を放棄したら何が残るんでしょうか。
建築関係の公共工事も同じだとおもう。

結局は公共工事で支払われる費用は税金かもしれないが
その費用をもらうのは民間企業であり
末端は建築作業員などの労働者なのだ。
その工事がなくなるという事は
そういった人々から職を奪っている。

一概にやれ血税だなんだというけれど
結局は民間企業に支払われる。
そうやってお金を回さないと
税収も下がってしまうんじゃないのかねぇ。

技術もない資源もない仕事もない。
そういう国のことを先進国とは呼ばない
発展途上国?
いや発展意欲もないので
借金途上国か。
本当にこのままではまずい気がしますね。
わが国。
哲学者ソクラテスのお言葉
「汝自身を知れ」
もう一度よく見つめなおしたほうがいいと思います。
現状を。

なんだか金 金って感じで本当に将来の日本を
考えているのだろうか。と思ってしまう。

数年先や数十年先を考えると必要なものって
絶対にあると思う。
その時になって結局 莫大な費用がかかりますってな
事にならない事を祈ります。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。