本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

昨今のインターネット環境は
いろいろな危険がひしめいています。
折角自宅サーバーを公開しても
踏み台やクラッキングされたら
たまったもんじゃありませんね。

CentOS5ではiptablesというファイヤーウォールが
搭載されています。
正しく設定すればかなり不正アクセスなどに
有効に働くと思いますので
早速設定してみる事にします。

まずは設定用スクリプトを作ります。

[root@os ~]# vi iptables.sh


以下スクリプトの内容

#!/bin/bash

#---------------------------------------#
# 設定スタート #
#---------------------------------------#

# 設定インタフェース名

LAN=eth0

#---------------------------------------#
# 設定終了 #
#---------------------------------------#

# 内部ネットワークのサブネットマスクを取得
LOCALNET_MASK=`ifconfig $LAN|sed -e 's/^.*Mask:\([^ ]*\)$/\1/p' -e d`

# 内部ネットワークIPアドレス取得
LOCALNET_ADDR=`netstat -rn|grep $LAN|grep $LOCALNET_MASK|cut -f1 -d' '`
LOCALNET=$LOCALNET_ADDR/$LOCALNET_MASK


# ファイアウォール停止(すべてのルールを停止)
/etc/rc.d/init.d/iptables stop

# デフォルトのルール設定(以降のルールにマッチしなかった場合に適用するルール)
iptables -P INPUT DROP # 受信はすべて破棄
iptables -P OUTPUT ACCEPT # 送信はすべて許可
iptables -P FORWARD DROP # 通過はすべて破棄

# 自ホストからのアクセスをすべて許可する
iptables -A INPUT -i lo -j ACCEPT

# 内部ネットワークからのアクセスをすべて許可する
iptables -A INPUT -s $LOCALNET -j ACCEPT

# 内部ネットワークから行ったアクセスに対する外部からの返答アクセスを許可する
iptables -A INPUT -m state --state ESTABLISHED,RELATED -j ACCEPT

# SYN Cookiesを有効にする
# ※TCP SYN Flood攻撃対策
sysctl -w net.ipv4.tcp_syncookies=1 > /dev/null
sed -i '/net.ipv4.tcp_syncookies/d' /etc/sysctl.conf
echo "net.ipv4.tcp_syncookies=1" >> /etc/sysctl.conf

# ブロードキャストアドレス宛pingには応答しない設定
# ※Smurf攻撃対策
sysctl -w net.ipv4.icmp_echo_ignore_broadcasts=1 > /dev/null
sed -i '/net.ipv4.icmp_echo_ignore_broadcasts/d' /etc/sysctl.conf
echo "net.ipv4.icmp_echo_ignore_broadcasts=1" >> /etc/sysctl.conf

# ICMP Redirectパケットは拒否する
sed -i '/net.ipv4.conf.*.accept_redirects/d' /etc/sysctl.conf
for dev in `ls /proc/sys/net/ipv4/conf/`
do
sysctl -w net.ipv4.conf.$dev.accept_redirects=0 > /dev/null
echo "net.ipv4.conf.$dev.accept_redirects=0" >> /etc/sysctl.conf
done

# Source Routedパケットは拒否する
sed -i '/net.ipv4.conf.*.accept_source_route/d' /etc/sysctl.conf
for dev in `ls /proc/sys/net/ipv4/conf/`
do
sysctl -w net.ipv4.conf.$dev.accept_source_route=0 > /dev/null
echo "net.ipv4.conf.$dev.accept_source_route=0" >> /etc/sysctl.conf
done

# フラグメント化されたパケットはログを記録して破棄する
iptables -A INPUT -f -j LOG --log-prefix '[IPTABLES FRAGMENT] : '
iptables -A INPUT -f -j DROP

# 外部とのNetBIOS関連のアクセスはログを記録せずに破棄する
# ※不要ログ記録防止
iptables -A INPUT -s ! $LOCALNET -p tcp -m multiport --dports 135,137,138,139,445 -j DROP
iptables -A INPUT -s ! $LOCALNET -p udp -m multiport --dports 135,137,138,139,445 -j DROP
iptables -A OUTPUT -d ! $LOCALNET -p tcp -m multiport --sports 135,137,138,139,445 -j DROP
iptables -A OUTPUT -d ! $LOCALNET -p udp -m multiport --sports 135,137,138,139,445 -j DROP

# 1秒間に4回を超えるpingはログを記録して破棄する
# ※Ping of Death攻撃対策
iptables -N LOG_PINGDEATH
iptables -A LOG_PINGDEATH -m limit --limit 1/s --limit-burst 4 -j ACCEPT
iptables -A LOG_PINGDEATH -j LOG --log-prefix '[IPTABLES PINGDEATH] : '
iptables -A LOG_PINGDEATH -j DROP
iptables -A INPUT -p icmp --icmp-type echo-request -j LOG_PINGDEATH

# 全ホスト(ブロードキャストアドレス、マルチキャストアドレス)宛パケットはログを記録せずに破棄する
# ※不要ログ記録防止
iptables -A INPUT -d 255.255.255.255 -j DROP
iptables -A INPUT -d 224.0.0.1 -j DROP

# 113番ポート(IDENT)へのアクセスには拒否応答する
# ※メールサーバ等のレスポンス低下防止
iptables -A INPUT -p tcp --dport 113 -j REJECT --reject-with tcp-reset

# ACCEPT_COUNTRY_MAKE関数定義する
# 指定された国のIPアドレスからのアクセスを許可するユーザ定義チェインを作成する
ACCEPT_COUNTRY_MAKE(){
for addr in `cat /tmp/cidr.txt|grep ^$1|awk '{print $2}'`
do
iptables -A ACCEPT_COUNTRY -s $addr -j ACCEPT
done
}

# DROP_COUNTRY_MAKE関数定義
# 指定された国のIPアドレスからのアクセスを破棄するユーザ定義チェインを作成する
DROP_COUNTRY_MAKE(){
for addr in `cat /tmp/cidr.txt|grep ^$1|awk '{print $2}'`
do
iptables -A DROP_COUNTRY -s $addr -m limit --limit 1/s -j LOG --log-prefix '[IPTABLES DENY_COUNTRY] : '
iptables -A DROP_COUNTRY -s $addr -j DROP
done
}

# IPアドレスリストを取得する
. /root/iptables_functions
IPLISTGET

# 日本からのアクセスを許可するユーザ定義チェインACCEPT_COUNTRY作成
iptables -N ACCEPT_COUNTRY
ACCEPT_COUNTRY_MAKE JP
# 以降,日本からのみアクセスを許可したい場合はACCEPTのかわりにACCEPT_COUNTRYを指定する

# 中国・韓国・台湾※からのアクセスをログを記録して破棄
# ※全国警察施設への攻撃元上位3カ国(日本・アメリカを除く)
# http://www.cyberpolice.go.jp/detect/observation.htmlより
iptables -N DROP_COUNTRY
DROP_COUNTRY_MAKE CN
DROP_COUNTRY_MAKE KR
DROP_COUNTRY_MAKE TW
iptables -A INPUT -j DROP_COUNTRY

#----------------------------------------------------------#
# 各種サービスを公開する場合の設定(ここから) #
#----------------------------------------------------------#

# 外部からのTCP22番ポート(SSH)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※SSHサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 22 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP/UDP53番ポート(DNS)へのアクセスを許可
# ※外部向けDNSサーバーを運用する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 53 -j ACCEPT
iptables -A INPUT -p udp --dport 53 -j ACCEPT

# 外部からのTCP80番ポート(HTTP)へのアクセスを許可
# ※Webサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 80 -j ACCEPT

# 外部からのTCP443番ポート(HTTPS)へのアクセスを許可
# ※WebサーバーをSSLで公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 443 -j ACCEPT

# 外部からのTCP21番ポート(FTP)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※FTPサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 21 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのPASV用ポート(FTP-DATA)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※FTPサーバーを公開する場合のみ記載
# ※PASV用ポート60000:60030は当サイトの設定例

iptables -A INPUT -p tcp --dport 60000:60030 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP25番ポート(SMTP)へのアクセスを許可
# ※SMTPサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 25 -j ACCEPT

# 外部からのTCP465番ポート(SMTPS)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※SMTPSサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 465 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP587番ポート(SMTP)へのアクセスを許可
# ※SMTPサーバーをOP25Bで公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 587 -j ACCEPT

# 外部からのTCP110番ポート(POP3)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※POP3サーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 110 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP995番ポート(POP3S)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※POP3Sサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 995 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP143番ポート(IMAP)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※IMAPサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 143 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのTCP993番ポート(IMAPS)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※IMAPSサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p tcp --dport 993 -j ACCEPT_COUNTRY

# 外部からのUDP1194番ポート(OpenVPN)へのアクセスを日本からのみ許可
# ※OpenVPNサーバーを公開する場合のみ記載
iptables -A INPUT -p udp --dport 1194 -j ACCEPT_COUNTRY

# VPNインタフェース用ファイアウォール設定
# ※OpenVPNサーバーを公開する場合のみ記載
[ -f /etc/openvpn/openvpn-startup ] && /etc/openvpn/openvpn-startup


#----------------------------------------------------------#
# 各種サービスを公開する場合の設定(ここまで) #
#----------------------------------------------------------#

# 拒否IPアドレスからのアクセスはログを記録せずに破棄する
# ※拒否IPアドレスは/root/deny_ipに1行ごとに記述しておくこと
# (/root/deny_ipがなければなにもしない)
if [ -s /root/deny_ip ]; then
for ip in `cat /root/deny_ip`
do
iptables -I INPUT -s $ip -j DROP
done
fi

# 上記のルールにマッチしなかったアクセスはログを記録して破棄する
iptables -A INPUT -m limit --limit 1/s -j LOG --log-prefix '[IPTABLES INPUT] : '
iptables -A INPUT -j DROP
iptables -A FORWARD -m limit --limit 1/s -j LOG --log-prefix '[IPTABLES FORWARD] : '
iptables -A FORWARD -j DROP

# サーバー再起動時に上記設定が有効となるようにルールを保存
/etc/rc.d/init.d/iptables save

# ファイアウォール起動コマンド
/etc/rc.d/init.d/iptables start



ファイアウォール設定スクリプトへ実行権限付加

[root@os ~]# chmod 700 iptables.sh 



ファイアウォール設定スクリプト外部関数作成

[root@os ~]# vi iptables_functions



# IPアドレスリスト取得関数定義
IPLISTGET(){
# http://nami.jp/ipv4bycc/から最新版IPアドレスリストを取得する
wget -q http://nami.jp/ipv4bycc/cidr.txt.gz
gunzip cidr.txt.gz
# 最新版IPアドレスリストが取得できなかった場合
if [ ! -f cidr.txt ]; then
if [ -f /tmp/cidr.txt ]; then
# バックアップがある場合はその旨をroot宛にメール通知して処理を打ち切る
echo cidr.txt was read from the backup! | mail -s $0 root
exit 1
else
# バックアップがない場合はその旨をroot宛にメール通知して処理を打ち切る
echo cidr.txt not found!|mail -s $0 root
exit 1
fi
fi
# 最新版IPアドレスリストを /tmpへバックアップする
/bin/mv cidr.txt /tmp/cidr.txt
}



IPアドレスリストチェックスクリプト作成

[root@os ~]# vi /etc/cron.daily/iplist_check.sh


スクリプト内容

#!/bin/bash

PATH=/usr/local/sbin:/usr/local/bin:/sbin:/bin:/usr/sbin:/usr/bin

# 国コード
COUNTRY_CODE='JP CN KR TW'

# iptables設定スクリプトパス
IPTABLES=/root/iptables.sh

# iptables設定スクリプト外部関数取り込み
. /root/iptables_functions

# IPアドレスリスト最新化
rm -f IPLIST.new
IPLISTGET
for country in $COUNTRY_CODE
do
if [ -f /tmp/cidr.txt ]; then
grep ^$country /tmp/cidr.txt >> IPLIST.new
else
grep ^$country /tmp/IPLIST >> IPLIST.new
fi
done

# IPアドレスリスト更新チェック
diff -q /tmp/IPLIST IPLIST.new > /dev/null 2>&1
if [ $? -ne 0 ]; then
# 新旧IPLIST差分が10件を越える場合はiptables設定スクリプトを実行しない
if [ $(diff /tmp/IPLIST IPLIST.new | egrep '<|>' | wc -l) -gt 10 ]; then
(
diff /tmp/IPLIST IPLIST.new
echo
echo "$IPTABLES not executed."
) | mail -s 'IPLIST UPDATE' root
rm -f IPLIST.new
exit
fi
/bin/mv IPLIST.new /tmp/IPLIST
$IPTABLES > /dev/null
else
rm -f IPLIST.new
fi



IPアドレスリストチェックスクリプトに実行権限付加

[root@os ~]# chmod +x /etc/cron.daily/iplist_check.sh

 
ファイアウォール設定スクリプト実行

[root@os ~]# ./iptables.sh


ファイアウォールルールを適用中: [ OK ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter [ OK ]
iptables モジュールを取り外し中 [ OK ]
ファイアウォールのルールを /etc/sysconfig/iptables に保存中[ OK ]
ファイアウォールルールを適用中: [ OK ]
チェインポリシーを ACCEPT に設定中filter [ OK ]
iptables モジュールを取り外し中 [ OK ]
iptables ファイアウォールルールを適用中: [ OK ]
※マシンスペックにより時間がかかる



iptables自動起動設定

[root@centos ~]# chkconfig iptables on



iptables自動起動設定確認

[root@os ~]# chkconfig --list iptables


ランレベル2~5のonを確認
iptables 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

以上でファイヤーウォールの設定は終了です。
ルータを設置されている場合そちらも設定忘れがないように注意してください。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。