本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

そもそもですが。
戦争できる国にナルナー!
戦争ハンターイ!
子供たちを戦争にマキコムナー!

は?

あたりまえじゃない。

でもね。今のままだと
ケンカ吹っかけられて、ミサイル打ち込まれて国民の皆さんがバラバラの肉塊になって、
初めて反撃できるのですよ?
他国に復興支援に行って、戦闘が起こったら逃げて帰ってきてさ。
他国の軍隊に守ってもらって、そこの国の人が亡くなっても、日本人の自衛隊は
無事でしたっておかしくないですか?って話よ。

子供たちが戦争で死ぬ。

戦争反対の広がり、子どもたちに見せたい」安保法案に反対する「ママの会」が会見

あなたの子供は自衛隊の人?
それとも自衛隊にいれるの?

今も昔も戦争で、一般国民が戦闘に巻き込まれるのは、本土が攻められたときでしょう。

未だ70年前の戦争スタイルのままだと思っているのでしょうか。。。
近代戦はミサイルの応酬がメインだと思うし、そもそも本土上陸されたら
全員無事じゃないよね。

自分たちは戦わない!って子供共々撃ち殺されるのがいいか。
子供たちを全力で守るために武器をとるか。

攻めるのではなく、守るために。
日本が某国がら攻められて、アメリカさん守ってください。
自分たちは、戦いませんけど。ってあまりに都合がいいんじゃないですか?
だから、自分たちの身は自分たちで守れるようにしましょう。ってことでしょ。

自分の家にズカズカ入って来た暴漢に対して、嫁と子供を奴隷のように扱われているのを
笑ってみてる、ど変態なら別ですが。
普通なら、家にはいられないように抵抗するんじゃない?
それを黙って殴られ続けて、友人が助けてくれるのを待っているのですか?




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。