本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

コマンドコンソールでCentOSをコントロールするときのコマンドまとめです。

teratermなどでログインするテキストモードではいろんなコマンドを用いて
サーバーをコントロールします。

代表的なコマンドと役割を書きますので、覚えておくと便利です。

1.ping IPアドレスまたはドメイン名
ネットワークの疎通確認コマンドです。
例)


[root@os ~]# ping 192.168.0.254
PING 192.168.0.254 (192.168.0.254) 56(84) bytes of data.
64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=1 ttl=255 time=0.915 ms
64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=2 ttl=255 time=1.30 ms
64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=3 ttl=255 time=0.877 ms
64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=4 ttl=255 time=1.42 ms
64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=5 ttl=255 time=1.00 ms

--- 192.168.0.254 ping statistics ---
5 packets transmitted, 5 received, 0% packet loss, time 3999ms
rtt min/avg/max/mdev = 0.877/1.106/1.427/0.220 ms


CtrlとCキー同時押しで停止します。
疎通が取れない場合は

64 bytes from 192.168.0.254: icmp_seq=1 ttl=255 time=0.915 ms


が表示されません。

--- 192.168.0.88 ping statistics ---
4 packets transmitted, 0 received, +3 errors, 100% packet loss, time 2999ms
, pipe 3


100% packet loss,
と出ていると疎通エラーです。

2.dig ドメイン名
サーバーのDNS情報取得コマンドを表示します。

例)

[root@os ~]# dig google.com

; <<>> DiG 9.3.3rc2 <<>> google.com
;; global options: printcmd
;; Got answer:
;; ->>HEADER<<- opcode: QUERY, status: NOERROR, id: 24091
;; flags: qr rd ra; QUERY: 1, ANSWER: 3, AUTHORITY: 0, ADDITIONAL: 0

;; QUESTION SECTION:
;google.com. IN A

;; ANSWER SECTION:
google.com. 177 IN A 74.125.67.100
google.com. 177 IN A 74.125.45.100
google.com. 177 IN A 209.85.171.100

;; Query time: 37 msec
;; SERVER: 192.168.0.254#53(192.168.0.254)
;; WHEN: Thu Apr 2 03:27:22 2009
;; MSG SIZE rcvd: 76



3.cd デレィクトリ
ディレクトリの移動コマンドです。

例)

[root@os ~]# cd /home/www/html/public_html
[root@os public_html]#


cdのみ入力するとホームディレクトリに移動します。

4.ls
フォルダのファイル表示コマンドです。

例)

[root@os ~]# ls
anaconda-ks.cfg install.log install.log.syslog rpm


ファイルとフォルダが表示されます。
オプションをつける事でいろんな表示ができます
-aオプション

[root@os ~]# ls -a
. .bash_logout .cshrc .rnd install.log
.. .bash_profile .gnupg .tcshrc install.log.syslog
.bash_history .bashrc .mysql_history anaconda-ks.cfg rpm


デフォルトで表示されない.(ピリオド)で始まるファイル名のファイルを表示します。
-lオプション

[root@os ~]# ls -l
合計 60
-rw------- 1 root root 1550 4月 24 2008 anaconda-ks.cfg
-rw-r--r-- 1 root root 32832 4月 24 2008 install.log
-rw-r--r-- 1 root root 3953 4月 24 2008 install.log.syslog
drwxr-xr-x 7 root root 4096 4月 28 2008 rpm


ファイルのモード・リンクの数・所有者名・グループ名・ サイズ(byte)・タイムスタンプ・名前を1列形式で表示します。デフォルトでは、表示されるタイムスタンプは最終修正時刻です。
そのほかにもいろいろありますが割愛します。

5.vi
テキスト編集コマンドです。

例)

[root@os vplorer]# vi admin.php

//----------------------------------------------------------------------------------------
-----------
//
// AjaXplorer v2.2
//
// Charles du Jeu
// http://sourceforge.net/projects/ajaxplorer
// http://www.almasound.com
//
//----------------------------------------------------------------------------------------
-----------

require_once("server/classes/class.Utils.php");
require_once("server/classes/class.SystemTextEncoding.php");
require_once("server/classes/class.Repository.php");
require_once("server/classes/class.ConfService.php");
require_once("server/classes/class.AuthService.php");
require_once("server/classes/class.HTMLWriter.php");
require_once("server/classes/class.AJXP_XMLWriter.php");
require_once("server/classes/class.AJXP_User.php");

Aキーでカーソル位置の後ろにインサート(入力)モード
iキーでカーソル位置にインサート(入力)モード
ESCキーで表示モードに戻る
:wqで保存して終了
:q!で保存しないで終了

6.mkdir フォルダー名
フォルダ作成コマンドです。
例)

mkdir /フォルダ名




7.rm ファイル名
  rmdir フォルダ名
ファイル/フォルダ削除コマンドです。

8.mv ディレクトリ/元ファイル名 ディレクトリ/新ファイル名
ファイル・ディレクトリの移動・名前変更コマンドです。

9.reboot
CentOSの再起動コマンドです。

10.shutdown -h now
CensOSのシャットダウンコマンドです。

11.su
ユーザー切替コマンドです。

12.exit
コンソール終了コマンドです。

以上が代表的なコマンドです。
これくらいは覚えておくと便利ですよ。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。