本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

あの東北大震災からまもなく1年がたとうとしています。

月日は残酷なもので記憶も薄れてしまいます。
瓦礫の山から被災者救出、その数昨日までに16000人。
そしてすばらしい活躍をしたにもかかわらず
ほとんど一般には報道されなかった自衛隊の活躍。

しかし彼は以下の言葉を胸にがんばったに違いありません。


「君達は自衛隊在職中、決して国民から感謝されたり
、歓迎されることなく自衛隊を終わるかもしれない。
きっと非難とか叱咤ばかりの一生かもしれない。御苦労だと思う。
しかし、自衛隊が国民から歓迎されちやほやされる事態とは、
外国から攻撃されて国家存亡の時とか、災害派遣­の時とか、
国民が困窮し国家が混乱に直面している時だけなのだ
。言葉を換えれば、君達が日陰者である時のほうが、
国民や日本は幸せなのだ。どうか、耐えてもらいたい。」

昭和32年2月 防衛大学第1回卒業式 吉田茂総理大臣訓辞



彼らがいなかったら被害はさらに増えていたでしょう。

彼らこそが陸上自衛隊










自衛隊の皆さんが活躍することない事を祈ります。
311.jpg




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

トラックバック

トラックバック URL
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

まとめteみた【本日も千鳥足】

あの東北大震災からまもなく1年がたとうとしています。月日は残酷なもので記憶も薄れてしまいます。瓦礫の山から被災者救出、その数昨日までに16000人。そしてすばらしい活

まとめwoネタ速suru 2012-03-19 (Mon) 22:04


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。