本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

とある日。

私の後輩の奥様との電話が漏れ聞こえてきた。

後輩は仕事で1ヶ月程 出張が続いている。
約500km離れた場所へ仕事に行っている。

それでも毎週 週末には家に帰ってきている。

正直 私はエライと思っている。
私なら帰ってこないだろう。

週末の午後8:00頃に帰社した後輩がかける帰宅を告げる妻への電話。
漏れ聞こえてくる奥さんの声はいつも激怒している。

ちなみに私は「これから帰る」と言う電話もメールも
結婚してからただの一度もした事はない。

話は戻って後輩の話。
なぜそんなに怒る必要があるのだろうか。
仕事を終えてで疲れているのに更に500kmという距離を
車で移動して帰ってきているのに。

なぜもっと早く帰ってこないのだと怒られているようだ。

奥さんの言い分は仕事が終わったなら真っ先に家に帰って来い。
週末は子供と遊べ。
フロに入れろ。
どっかつれていけ。

それはホントに家庭愛だろうか。
ダンナの体を気遣うなら今週はゆっくりしたら?とか
そうゆう気持ちはないのだろうか。


家庭は大事である。
それは当たり前ですが
家庭を構成するのは

夫と妻と子供たち。

皆で労わりあって支えあって
生活するものではないだろうか。

最近イクメンという言葉をよく耳にする。
育児メンズの略らしい。

イクメンとか時間のある人はいい。
しかし皆が皆同じようにできるわけがない。

皆同じ仕事をしているわけでもないし
収入が同じわけでもない。


育児だけが生活に重要なわけではなく
収入を得て衣食住を整え
生活エリアでの人間関係を整え
そして育児をする。

常に家族が一緒にいないと
幸せになれないわけでもないと思う。

お互い息抜きも必要だ。

趣味の時間に没頭するのもいいだろう。

家族でもお互いに干渉せずに

ゆっくり一人の時間を過ごすのもいいと思う。

そんな思いで後輩を酒に誘った。

たまに呑みますかって事で

その旨を奥さんに電話。

いつにもまして大激怒しているご様子。

しまいには電話を切られる始末。

きっとこの後輩はドMでこの状況を楽しんでいるに違いない。

そうか。

それが楽しみだったのか。。。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。