本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

久しぶりの燃える仕事。

本来は工事なので2名作業。
ホントは一人でやってはいけない作業。

超零細企業の我が社は人がいない。

協力会社さんも大忙しで人がいない。

よし。私が行こう。

何かあったら部下のせいにはできぬ。

というのは対面上の話。

私は一人で思う存分仕事がしたい。

根暗な男なのであります。

もともと この通信業界の男ではない。
そんな負い目が私を鍛え上げてきた。

なめられてはいけない。

痒いところに手が届くそんな男になろう。

自分がきっちり収めてやろう。
あなたができない事でも私はできる。

そんな男になろう。

そう思って仕事をやってきました。

かなりがんばりました。仕事とプライベートを別になんて
気にもしなかった。

結婚もして子供が生まれても
特に生活スタイルを変る事もなかった。

それが間違いだったか良かったのか。は わかりませんが。

とにかく

後輩と仕事をするとイラついた。

なぜできないのだ。こうやれよ。と。

押し売りしているのだろう。

元々気性が荒い私は威嚇していたのかも知れない。
一言 言うときっと後輩は萎縮してしまうと思い
何も言わず見守った。

すると後輩は何も聞かなくなってしまった。

この人に聞いてはいけない。そう思ったのだろうか。。。

そんな感じで仕事をしていると

自分でやるほうが早い。安心。
そんなことを思うようになってしまった。

もちろんそれでは人は育たない。

それでも私は一人が一番落ち着くのです。

思うがまま自分に対して粛々と仕事をこなす。
自分が満足する為に。

そして自分に無理難題な仕事を振り
それをこなす事で満足する。

これは上に立つ人間のすることではない。
よくわかっている。

しかしそんな事はどうでもいい。

私が負けたと思う男に出会うまで
この気持ちを曲げるつもりもない。

そしてそんな男に出会うのを待っているのだと思う。

今のところ出会ってはいないけど。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。