本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

最近 世界遺産の登録された 奥州平泉。

その平泉にある中尊寺金色堂には奥州藤原氏4代 
藤原清衡、基衡、秀衡のミイラ化した遺体と泰衡の
首級が納められている。

その藤原氏一族は鎌倉幕府将軍 源頼朝によって
滅されました。

と思っていたのですが実は一族の一部は
名前を変えて現代に脈々と
血筋を伝えておるようです。

実際に私がお会いしてお話しました。

鎌倉時代当時は
藤原氏一族は皆殺し状態だったそうですが

一部の藤原一族は苗字を

冨士原(ふじはら)と改め
落ち延びたそうです。

名前的に静岡出身ですか?と
聞かれるらしいですが。

岩手出身で冨士原さんという苗字が一部地域には
多いそうでそのほとんどが奥州藤原の一族残党の末裔だそうで。

今回の世界遺産登録は身内では盛り上がっているようです。
およそ800年脈々と続く血筋に出会えてちょっと感動しました。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

| | 2011-08-01(Mon)07:57 [編集]


上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。