本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

オラクルに買収されてしまったので
今後どうなるかわからないmysql。
今のうちにインストールしておこうと思います。

phpなどでwebベースのシステムを作成する場合、不可欠なデータベースサーバです。
CentOS5.2ではバージョン5.0.45がインストールされます。

Teratermでコンソールからログインします。
suコマンドでrootユーザになります。

[root@os~]# yum -y install mysql-devel mysql-server php-mysql

コマンドを入力し、インストールします。

ついでにzlibもインストールしておきましょう。

[root@os~]#yum -y install zlib


これでmysqlはインストールできました。

コンソールからアクセスしてみましょう。

[root@os ~]# /etc/rc.d/init.d/mysqld start

これでmysqlが起動します。
次にmysqlサーバーにログインします。

[root@centos ~]# mysql -u root

初期はパスワードがかかっていないはず。
ログインできたらプロンプトが変わります。
mysql>
現状のユーザーリストを表示します。

mysql>select user,host,password from mysql.user;


+--------------+-----------------+------------------+
| user | host | password |
+--------------+-----------------+------------------+
| root | localhost | |
| root | centos.com | |
| root | 127.0.0.1 | |
+--------------+-----------------+------------------+
rootのパスワードが空白のはずですので、登録します。

mysql> set password for root@localhost=password('rootパスワード'); 

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> set password for root@'centos.com'=password('rootパスワード');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

mysql> set password for root@127.0.0.1=password('rootパスワード');

Query OK, 0 rows affected (0.00 sec)

これでパスワードが登録されたはずです。
もう一度、リストを見てみましょう。

mysql>select user,host,password from mysql.user;


+--------------+-----------------+------------------+
| user | host | password |
+--------------+-----------------+------------------+
| root | localhost | 0234b32115e4a940 |
| root | centos.com | 0234b32115e4a940|
| root |127.0.0.1 | 0234b32115e4a940|
+--------------+-----------------+------------------+
暗号化されたパスワードが表示されればOKです。
mysqlからログアウトします。

mysql> exit


bye

mysqlを自動で起動できるようにします。

[root@os ~]# chkconfig mysqld on


自動起動設定の確認をします。

[root@os ~]# chkconfig --list mysqld


mysqld 0:off 1:off 2:on 3:on 4:on 5:on 6:off

以上でmysqlのインストールは終了です。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。