本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

昨日から私のメールサーバーでメールの配送遅延が多発。
postfixのMail Queueが400件もたまっている。。

どうしたものかと調べていると、どうやらSpamAssassinが何か
悪さをしているようである。
以下の所を調べてみて同じ状況であれば間違いないと思います。
SpamAssassinのローカルフォルダ 
/home/filter/.spamassassin
このフォルダ内に

bayes_toks.expireXXXXX(XXXXは数値)が大量にある。

この状況になぜなるのか私の能力ではわかりかねますが
この現象が原因であることは間違いなさそうです。

推測ですが

bayesデータベースの容量を超えたか、もしくは超えそうな時に
超えてしまった分のデータをエクスポートする事でCPUかメモリ負荷が一時的に
上昇しメール遅延配送やメーラータイムアウトが発生する。


と私は推測しました。
そしてbayes_toks.expireXXXXXファイルが1つあたり42MBあり約200ファイルあったので
相当なデータ量がここ4日でたまっていた模様。

そこで以下のような設定を施しました。

スパムアサシンのlocal.cfを変更します。

vi /etc/mail/spamassassin/local.cf



以下の項目を追記します。
bayes_expiry_max_db_size 1000000
bayes_auto_expire 0


:wq
で上書き保存して
スパムアサシンを再起動
/etc/init.d/spamassassin restart

ついでにpostfixも再起動
/etc/init.d/postfix restart

これで現在7日目ですが遅延は無いようです。
とりあえずは解決したようです。

しかしbayes_toks.expire****ファイルは
Bayesian フィルタ用のデーターベースファイルらしいですが
何で急に増殖したのかは不明のまま。。

どなたかご存知ありませんかねぇ。。。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。