本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

IMG_0126.jpg
これがギョウジャニンニクです。

ギョウジャニンニクという名前の由来は、山にこもる修験道の行者が食べたことからとも、逆にこれを食べると滋養がつきすぎて修行にならないため、食べることを禁じられたからとも言われている。
キトビロ、ヤマビル(山蒜)またはヤマニンニクなどの別名がある。
キトビロ(もしくはキトビル、キトピロ)がさらになまって、ヒトビロ、ヒトビルというような発音になることもある。
また、北海道では、この植物を俗に「アイヌネギ」と呼ぶことがある。


コヤツを食べると次の日が大変です。
臭いの何の。。。
でもうまいんですよ。

この時期 北海道では結構メジャーな山菜で
さっと湯がいて醤油に漬けておいたり
ジンギスカンに入れたりします。

採るときは双葉になったものをとります。
単葉のものはまだ成長過程ですので
大切にしておきましょう

ちなみによく似た毒草でスズランというのがあります。
臭いで判断できますが
間違ってスズランを食べないように。
死亡事例もあるそうです。

まぁ臭いを嗅げばニンニクくさいですから
わかるとは思いますが。

私は餃子に入れて食べるのが好きです。
おいしいですよ。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。