本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

Linuxでwebサーバーパッケージといえば
apacheです。

apacheには1.3系と2.0系と2.2系がありますが
CentOS5.3はapache2.2系がrpmで提供されています。

では早速インストールしてみましょう。

コンソールよりサーバーにログインします。
suコマンドでrootユーザーになり、

[root@os~]# yum -y install httpd php php-mbstring php-gd php-pear mod_ssl


インストールで指定しているのは
httpd(apache本体)
php (phpモジュール本体)
php-mbstaring(マルチバイト対応)
php-gd(gd対応)
php-pear(php pear対応)
mod_ssl(apacheのsslモジュール)
エンターを押すとインストールが走ります。

Loading "installonlyn" plugin
Loading "fastestmirror" plugin
Setting up Install Process
Setting up repositories
base 100% |=========================| 1.1 kB 00:00
updates 100% |=========================|951 B 00:00
addons 100% |=========================|951 B 00:00
extras 100% |=========================| 1.1 kB 00:00
Loading mirror speeds from cached hostfile
Reading repository metadata in from local files
Parsing package install arguments
Resolving Dependencies
--> Populating transaction set with selected packages. Please wait.
---> Downloading header for php to pack into transaction set.
以下省略


Installed: httpd.i386 0:2.2.3-6.el5.centos.1 mod_ssl.i386 1:2.2.3-6.el5.centos.1 php.i386 0:5.1.6-7.el5 php-mbstring.i386 0:5.1.6-7.el5 php-pear.noarch 1:1.4.9-4
Dependency Installed: distcache.i386 0:1.4.5-14.1 php-cli.i386 0:5.1.6-7.el5 php-common.i386 0:5.1.6-7.el5
Complete!
とでたらインストール完了です。

初期状態だとCentOSのウェルカムページが出てしまうので削除します。

[root@os ~]# rm -f /etc/httpd/conf.d/welcome.conf


ついでにデフォルトの エラーページも削除します。

[root@os~]# rm -f /var/www/error/noindex.html


Perlのシンボリックリンクを作成しておきます。

[root@os ~]# ln -s /usr/bin/perl /usr/local/bin/perl



以上でapacheのインストールは完了です。
続いて設定です。
コンソールからviコマンドで

[root@os ~]# vi /etc/httpd/conf/httpd.conf


と入力しエンターを押します。

webminで設定される方は
ブラウザより
http://サーバーのIPアドレス:10000/へアクセスします。
rootユーザでログインします。
apache01.jpg
サーバータブをクリックし、ApacheWebサーバをクリックします。
下記ページが開いたら
apache02.jpg
グローバル設定タブをクリックし設定ファイルの編集をクリックします。

apache03.jpg
設定ファイル /etc/httpd/conf/httpd.confの内容が表示されます。

下記のように書き換えて変更します。

# 44行目付近
ServerTokens Prod
# 74行目付近:キープアライブオン
KeepAlive On
# 250行目付近:管理者アドレス指定
ServerAdmin 管理者のメールアドレス
# 264行目付近:サーバーネーム指定
ServerName サーバーのホスト名:80
# 319行目付近:( CGIを有効にし、Indexes は削除 )
Options FollowSymLinks ExecCGI
# 326行目付近:(SSIの有効化)
AllowOverride All
# 354行目付近:#をつけてコメント化
#UserDir disable
# 361行目付近:行頭のを削除してコメント解除
UserDir public_html

# 369行目 - 380行目付近:行頭のを削除してコメント解除する
<Directory /home/*/public_html>
AllowOverride All # 変更(SSI有効化)
Options ExecCGI # CGI有効化
<Limit GET POST OPTIONS>
Order allow,deny
Allow from all

</Limit>
<LimitExcept GET POST OPTIONS>
Order deny,allow
Deny from all
</LimitExcept>
</Directory>

# 390行目付近:ディレクトリ名のみでアクセスできるファイル名を追加
DirectoryIndex index.html index.cgi index.php
# 523行目付近:ServerSignature Off
# 746行目付近:コメント化して言語の指定をはずす。
#AddDefaultCharset UTF-8
# 777行目:行頭の#を削除しCGIとして扱うファイルの拡張子を追加
AddHandler cgi-script .cgi .pl



編集したらコンソールの場合は:wqで書込み
webminの場合は保存ボタンを押す。
apache04.jpg

Apacheを起動します。
コンソールの場合は

[root@os ~]# /etc/rc.d/init.d/httpd start


Webminなら右上のApache起動をクリック
apache05.jpg

下記表示になったら起動しています。
apache06.jpg

起動ができましたら、各ファイルの表示確認を行います

htmlファイルの確認
ディレクトリを移動します。

[root@os ~]# cd /var/www/html



htmlテストの為のindex.htmlを作成します。
viコマンドでファイルを作成します。

[root@os html]# vi index.html


<html>
<body>
<div style="width:100%;font-size:40px;font-weight:bold;text-align:center">
表示テスト
</div>
</body>
</html>



:wqで保存します。
ブラウザから
http://サーバーIPアドレス/index.htmlを入力
表示されればOKです。

次にCGIのテストをします。同じように

[root@os html]# vi index.cgi


と、入力し

#!/usr/local/bin/perl
print "Content-type: text/html\n\n";
print <<"EOM";
<html>
<body>
<div style="width:100%;font-size:40px;font-weight:bold;text-align:center">
CGI Test Page
</div>
</body>
</html>
EOM
exit;


以上を書込み:wqで保存。
パーミッションを変更します。

[root@os ~]# chmod 705 index.cgi


ブラウザから
http://サーバーIPアドレス/index.cgiを入力
表示されればOKです。

次にPHPの動作確認です。
コンソールから

[root@www html]# vi index.php


を入力

<html>
<body>
<div style="width:100%;font-size:40px;font-weight:bold;text-align:center">
<?php
print Date("Y/m/d");
?>
</div>
</body>
</html>


:wqで保存します。

http://サーバーIPアドレス/index.phpを入力
日付が表示されればOKです。
以上でApache動作確認は終了です。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。