本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

Linuxをいじるときは
基本テキストモードでコマンド入力ですが
たまにはグラフィカルな感じで管理したい。
そんなときに便利なwebmin

IEやFireFoxなどのブラウザからCentOSをコントロールできる
GUIツールwebminをインストールしてみましょう。

コンソールから。

teraTermでサーバーにログインします。
一般ユーザーであれば
[root@os ~]#suコマンドでrootになります。

[root@os ~]#cdコマンドをつかって適当なフォルダへ移動
ここにファイルをダウンロードします。

例) [root@os ~]#cd▲/home/ など (▲はスペース)

ここで、wgetコマンドを使用し、ダウンロードします。

[root@os ~]#wget http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.400-1.noarch.r pm

--16:19:01-- http://prdownloads.sourceforge.net/webadmin/webmin-1.400-1.noarch.rpm
prdownloads.sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 216.34.181.60
prdownloads.sourceforge.net|216.34.181.60|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 302 Found
場所: http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/webmin-1.400-1.noarch.rpm [続く]
--16:19:02-- http://jaist.dl.sourceforge.net/sourceforge/webadmin/webmin-1.400-1.noarch.rpm
jaist.dl.sourceforge.net をDNSに問いあわせています... 150.65.7.130
jaist.dl.sourceforge.net|150.65.7.130|:80 に接続しています... 接続しました。
HTTP による接続要求を送信しました、応答を待っています... 200 OK
~以下略~
16:19:26 (599 KB/s) - `webmin-1.400-1.noarch.rpm' を保存しました [14598849/14598849]



これでダウンロード完了です。
lsコマンドでフォルダ内を確認します。
webmin-1.400-1.noarch.rpm
というファイルがあるはずです。

次に

[root@os ~]#rpm -ivh webmin-1.400-1.noarch.rpm


これでインストールが走ります。

rpmはrpmパッケージの操作コマンド
オプション -ivhはインストール -e

はアンインストールです。

インストールが終了すると

Webmin install complete. You can now login to http://サーバーホスト名:10000/
as root with your root password.


とでますので、これでインストール完了。

後はパソコンのブラウザでアドレスバーに
http://サーバーのIPアドレス:10000/

と入力すれば、webminのアクセス画面が出ます。
webmin01.jpg

usernameとpasswordのところにrootのパスワードを入力し、loginボタンを押します。
webmin02.jpg

ログインが正常に行われるとこんな風の画面がでます。
webmin03.jpg

これでGUIベースの管理ができます。
細かい使い方はまた次回。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。