本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

久かぶりにサーバーを触る時間があったというか
記事自体もサーバーがらみは久しぶり。

サーバーに蓄積されたデータ。
ハードディスクがぶっ飛ぶとすべて終わりです。
もちろんRAIDで冗長化しておりますが

違う端末にもバックアップしておきたい。
例えばコールドスタンバイ機なんかに定期的にバックアップ。

そこで便利なソフトがあるのです。
rsync。

とっても便利。
初回はバックアップに時間がかかるのは
当たり前ですが2回目以降は
差分バックアップしてくれます。
さて。
その導入方法は。。。

まずはコンソールから

[root@cent ~]# yum install rsync


上のコマンドを実行。

インストールされていなければインストールが走ります。
既にインストールされていれば

Loaded plugins: fastestmirror
Loading mirror speeds from cached hostfile
* addons: www.ftp.ne.jp
* base: www.ftp.ne.jp
* extras: www.ftp.ne.jp
* updates: ftp.nara.wide.ad.jp
Setting up Install Process
Package rsync-2.6.8-3.1.i386 already installed and latest version
Nothing to do


以上のようにバージョン情報などがでます。

インストールされればめちゃくちゃ簡単です。
今回はssh接続でバックアップします。

[root@cent ~]# rsync -avz -e ssh /home/test/ 192.168.0.50:/home/test/

書式はrsync -avz -e ssh バックアップ元フォルダ バックアップ先サーバーアドレス/バックアップ先フォルダ
バックアップ先のサーバパスワードを聞かれます。
root@192.168.0.50's password: バックアップ先サーバーのパスワード
building file list ... done



バックアップが始まります。
ファイルの量によって時間は変ります。

sent 20223258 bytes received 8026 bytes 152688.94 bytes/sec
total size is 130505013 speedup is 6.45


上のようなコメントが表示されればバックアップ終了です。

簡単ですね。
次回は定期的にバックアップする方法をご紹介しようかしら。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。