本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

電動工具でもっともポピュラー且つ便利な電動ドライバー
私の仕事柄、一日に一度は使う電動ドライバ。
建築業ではないのでハードな使い方はしませんがそれでもよく使う電動ドライバ。
ホームセンタの広告なんかでよく見かけます。
そこで昔疑問に思ったこと。
ドリルドライバーとインパクトドライバーって
何が違うんですかね?

簡潔に言うと似て非なるもの。
構造上はまったく別物です。

その違いは何なのか。

ドリル(ドリルドライバ)・・・単純に回転のみ(逆転付きも有り)で最近の物はクラッチで
トルク調整ができる。
マキタ01

インパクトドライバー(レンチ)・・・回転方向に打撃を加える。
がりがりこじる感じ。英語でインパクト(振動とか衝撃)の意味があるので
ただの回転ドリルとは違う。
ナットを締めたり緩めたりするのに便利。
レンチは四角のオス軸、ドライバーは六角のメス軸。
長い木ねじの打ち込みにも(ドライバー)
穴あけにも使用できるが刃の寿命を縮める。
ドリルの代わりに使っていたりする人も多い。
インパクト


振動ドリル(ハンマードリル)・・・穴あけ方向に打撃を加える。(逆転付きも有り)
様はドリルの刃をハンマーで打ち込みながら回転を加えている感じ。
 回転モードキャンセルで軽はつり、打撃モードキャンセルで普通のドリル。
 大口径で深い穴あけをするときは逆転付きじゃないと大変なことになる。
 安全クラッチ必須
 刃を固定するチャックがSDS(ヒルティタイプ)とチャック式がある。

振動


・このほかこれらの機能を組み合わせたマルチ(振動+ドライバードリル、インパクト+ドライバードリル等)機能を持つ物もあります。

最近ではペンインパクトドライバなんてのもあります。
ペンインパクト
これは結構 いろんな業種で大活躍しているようです。
私も最近買いました。

何でマキタの画像ばっかりなんだと思う方。
私が仕事を始めて何年かしたころですが
LEDで刃先を照らすライト付ドリルはマキタだけだったんですね。
当時の私はそれにかなり感動しまして。
それから電動工具はALLマキタです。

今ほしいのはパワーカッターです。
マルノコ
やはりマキタはかっこいい。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。