本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

windows互換ファイルサーバのsambaをインストールします。
今回sambaを導入するのはCentOS5.2です。
centOS5.2でインストールされるのはsamba.i386 0:3.0.28-1.el5_2.1です。
yumでインストールします。

[root@os ~]# yum install samba


sambaのインストールが走り出します

Dependencies Resolved

===================================================
Package Arch Version Repository Size
===================================================
Updating:
samba i386 3.0.28-1.el5_2.1 updates 16 M
Updating for dependencies:
samba-common i386 3.0.28-1.el5_2.1 updates 8.7 M

Transaction Summary
============================================
Install 0 Package(s)
Update 2 Package(s)
Remove 0 Package(s)

Total download size: 25 M


以下かでたらyを入力。

Is this ok [y/N]: y


エンターキーをおしてインストールを
続行します。

Downloading Packages:
(1/2): samba-3.0.28-1.el5 100% |=========================| 16 MB 00:09
(2/2): samba-common-3.0.2 100% |=========================| 8.7 MB 00:04
Running Transaction Test
Finished Transaction Test
Transaction Test Succeeded
Running Transaction
Updating : samba-common ######################### [1/4]
Updating : samba ######################### [2/4]
Cleanup : samba ######################### [3/4]
Cleanup : samba-common ######################### [4/4]

Updated: samba.i386 0:3.0.28-1.el5_2.1
Dependency Updated: samba-common.i386 0:3.0.28-1.el5_2.1
Complete!



以上でインストール終了です。
sambaとsamba-common
インストールされます。
sambaで使用するunixユーザーを作成しておきます。

続いてsambaの設定をします。
viコマンドで編集します。

基本的な設定を書きます。

[root@os ~]# vi /etc/samba/smb.conf


[global]の基本設定です。

[global]
netbios name = Svr
unix charset = UTF-8← 追加(Linux側日本語文字コード)
display charset = UTF-8← 追加(Linux側日本語文字コード)
dos charset = cp932← 追加(Windows側日本語文字コード)

server string = FS01←追加(サーバーの説明文)
unix password sync = Yes←centOSユーザーパスワードとのSYNC
local master = yes
workgroup = mynetworkWORKGROUP ← 変更(Windowsのワークグループ名を指定)
os level = 65
encrypt passwords = Yes
security = user
passdb backend = smbpasswd
wins support = true


共有フォルダを作ります。[global]の下に記載します。

[share]
comment = Free-share
writeable = yes
public = yes
create mode = 0777
guest only = yes
path = /home/share
directory mode = 0777


smb.confを保存しsambaを起動します。

[root@os ~]# /etc/rc.d/init.d/smb start 
Starting SMB services: [ OK ]
Starting NMB services:


これで共有フォルダshareにアクセスできるはずです。
cl01は例として記載しています。任意で設定してください。webminでcl01ユーザーを作成します。
個人用フォルダを作る場合はsmb.confに以下を追加します。

[cl01]
comment = cl01 only
path = /home/cl01
read only = No
create mode = 0765
directory mode = 0765
valid users = cl01



smb.confの内容が以下のようになります

global]
netbios name = Svr
unix charset = UTF-8
display charset = UTF-8
dos charset = cp932

server string = FS01
unix password sync = Yes
local master = yes
workgroup = mynetworkWORKGROUP 
os level = 65
encrypt passwords = Yes
security = user
passdb backend = smbpasswd
wins support = true

[share]
comment = Free-share
writeable = yes
public = yes
create mode = 0777
guest only = yes
path = /home/share
directory mode = 0777

[cl01]
comment = cl01 only
path = /home/cl01
read only = No
create mode = 0765
directory mode = 0765
valid users = cl01


これでsambaを再起動すればOKです。
sambaの管理はwebminで行うと簡単です。
webminのサーバータブから
smb01.jpgをクリックします。
smb02.jpg
ページ下部の方にUNIXとの同期設定がいろいろありますので
パスワード同期自動設定やユーザー同期など設定しておくと
CentOSのユーザーとsambaのユーザが同期しますので
便利に使えると思います。




スポンサーリンク

関連スクラップ記事

関連エントリ抽出中...



PageTop

コメント


管理者にだけ表示を許可する
 

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。