本日も千鳥足


上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。



PageTop

昨日から私のメールサーバーでメールの配送遅延が多発。
postfixのMail Queueが400件もたまっている。。

どうしたものかと調べていると、どうやらSpamAssassinが何か
悪さをしているようである。
以下の所を調べてみて同じ状況であれば間違いないと思います。
SpamAssassinのローカルフォルダ 
/home/filter/.spamassassin
このフォルダ内に

bayes_toks.expireXXXXX(XXXXは数値)が大量にある。

この状況になぜなるのか私の能力ではわかりかねますが
この現象が原因であることは間違いなさそうです。

推測ですが

bayesデータベースの容量を超えたか、もしくは超えそうな時に
超えてしまった分のデータをエクスポートする事でCPUかメモリ負荷が一時的に
上昇しメール遅延配送やメーラータイムアウトが発生する。


と私は推測しました。
そしてbayes_toks.expireXXXXXファイルが1つあたり42MBあり約200ファイルあったので
相当なデータ量がここ4日でたまっていた模様。

そこで以下のような設定を施しました。
スポンサーサイト
スポンサーサイト



PageTop

最近日本語で結構な破廉恥スパムがくる。
何でかは不明ですが
非常にうザイのでNGワード設定することにしました。

まずはSpamAssassinの設定をします。
コンソールでログインもしくはwebminでファイルマネージャから

[root@ ~]# vi /etc/mail/spamassassin/local.cf


# These values can be overridden by editing ~/.spamassassin/user_prefs.cf
# (see spamassassin(1) for details)

# These should be safe assumptions and allow for simple visual sifting
# without risking lost emails.

required_hits 5
report_safe 0
rewrite_header Subject [SPAM]
allow_user_rules 1


赤文字を追記します。
続いて

/home/filter/.spamassassin/user_prefs

を編集。



PageTop

先日 某有名 通信建設会社の方のメールアドレスが
なぜか1名だけスパム扱いされている事が判明。

他の同じ会社の方は全然大丈夫なのになぜか1名だけ
スパム。

わが社のスパムメール検知はSpamAssassin3.2.4でチェックしています。

とりあえずはwhitelistに登録する事で解決しました。

以下whitelistの設定方法です。



PageTop

どうしてもPCが使えないとかネットワークがない
出先でメール本文だけでも確認したい。
そんな時に便利なのが
携帯電話用webメール。

とても使いやすいのがあったので
ご紹介いたします。
名前はWebMailClient2 for Keitai
使ってみると結構便利です。

導入方法は以下から。



PageTop

とってもうウザいスパムメール。
LINUXにはスパム対策としてSpamassassinというプログラムがあります。
早速インストールしてみます。
ついでにOP25B【Outbound Port 25 Blocking】も設定します。

OP25Bとは、ネットワークの境界にあるルータなどの機器で、ネットワーク内から外部のコンピュータのTCPポート25番への通信を禁止すること。インターネットサービスプロバイダ(ISP)などが会員のパソコンからスパムメールが送信されるのをブロックするために行なっている。



まずはコンソールから
スパムフィルタ用のユーザーを作成します。

[root@os~]# groupadd -g 10001 filter
[root@os~]# useradd -g filter -u 10001 -d /home/filter -s /bin/false filter
[root@os~]# mkdir /var/spool/filter
[root@os~]# chown filter:filter /var/spool/filter
[root@os~]#chmod 700 /var/spool/filter


続いてSpamassassin関連のパッケージのインストール状況を確認

[root@os~]# yum list | grep spamassassin
spamassassin.i386 3.2.4-1.el5 installed
claws-mail-plugins-spamassassin.i386 3.0.2-1.el5.rf rpmforge
spamassassin.i386 3.2.5-1.el5.rf rpmforge
spamassassin-tools.i386 3.1.8-1.el5.rf rpmforge
[root@os~]#


以上のようなリストが出なかったらインストールを実行します。



PageTop

squirrelmailをインストールしてwebmailを構築してみましょう。

まずはYUMでインストールします。

# yum install squirrelmail

postfixadminでPOSTFIXをバーチャル対応している場合はプラグインをインストールします。

# cd /usr/local/src
# wget http://www.squirrelmail.org/countdl.php?fileurl=http://www.squirrelmail.org/plugins/Fvirtual_hosts-1.0.tar.gz
# cd /usr/share/squirrelmail/plugins
# tar zxfv /usr/local/src/virtual_hosts-1.0.tar.gz



PageTop

IMAPとPOP3サーバであるcourier-imapのmysql対応版をインストールします。

コンソールからrootでログインします。
手っ取り早くインストールしたい方は任意の場所に以下でダウンロードしてください。

[root@os~]# wget http://penginos.web.fc2.com/postfix/courier-authlib-0.59.3-10.i386.rpm
[root@os~]# wget http://penginos.web.fc2.com/postfixcourier-imap-4.1.3-1.i386.rpm
[root@os~]# wget http://penginos.web.fc2.com/postfixcourier-authlib-mysql-0.59.3-10.i386.rpm


lsコマンドでファイルがダウンロードされているか確認します。
3つあればOKです。



PageTop

ブラウザでメールの管理ができるとっても便利な
postfixadmin2.2.1.1をインストールします。

直接サーバーにダウンロードする場合は
webminかコンソールでログインして
apacheのドキュメントフォルダに移動します。
例)/var/www/html/など

wgetでダウンロードします。

[root@os~]#wget http://penginos.web.fc2.com/postfixadmin-2.2.1.1.tar.gz

解凍します。

[root@os~]#tar zxvf postfixadmin-2.2.1.1.tar.gz


続いてインストールをします。



PageTop

postfxは非常に高速で設定しやすいMTAです。
普通のインストール方法はいたるところにあるので
postfixadminに対応させる様、改造のやり方を記載します。

ソースファイルからビルドしてmysql対応のpostfixパッケージを作成します。

少し知識が必要になりますので、

勉強がてらビルドしてみたい方は参考にしてください。

postfixを導入したいが、ビルドはムリという方は作成したものを
下記からダウンロードできますので、どうぞ。



PageTop
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。